軟式
support@nanshiki.co.jp

DOSVAXJ3
●解説
 akm 氏による DOSBox 派生版の DOSVAX を元に作成した AX & J-3100 & DOS/V Emulator です。
 東芝 DOS or PC-DOS/V or MS-DOS/V、J-3100 or DOS/V 用 FEP、FONTX2 形式のフォントファイル、フォントドライバ、ディスプレイドライバ、Visual C++ のランタイム等は不要です。フォントファイルを使用して画面を実機に近づける事も可能です。東芝 DOS、DOS/V 等のイメージファイルからのブートも可能です。
 日本語キーボードに対応しています。
 Windows IME / Linux XIM を使用して日本語入力ができます。
 Wengier Wu 氏による DOSBox-lfn の修正を取り込み、ロングファイルネームや画面上の文字のクリップボードへのコピー等に対応しています。
●対応 OS
 Windows 7/8.1/10
 Linux (Ubuntu 18.04, Debian 9, CentOS 7, Fedora 28, Raspbian Stretch 等でビルドおよび動作確認)
●ライセンス
 GPL v2
●使用方法
 Windows 版は適当なフォルダに展開し、dosboxj.exe を実行してください。
 Linux 版は Github より取得してビルドしてください。SDL-IM-plus を先にビルド・インストールしておく必要があります。
 デフォルトでは DOS/V モードで起動します。J-3100 モードを使用する場合、dosboxj.conf の設定を machine=dcga に変更して起動して下さい。
 その他の設定方法等は Readme.txt を参照してください。
●画面
 DOS/V (V-Text) 画面
Ubuntu XGA 24dot font Vz LFN
JW_CAD SVGA 表示
 J-3100 画面(J-3100 のフォントファイルを使用)
Vz で日本語入力 Vz console 取り込み
MS-Works Filmtn
●ダウンロード
 DOSVAXJ3 Build JP190710 実行ファイル一式 (2019/7/10)
 DOSVAXJ3 Build JP190710 デバッガー付き実行ファイル (2019/7/10)
 DOSVAXJ3 ソース
 SDL-IM+ 1.2.15 ソース
●変更履歴
 build JP190624 (2019/6/24)
 build JP190710 (2019/7/10)