nUsbDevice.DLL

●解説

nUsbDevice.DLL は現在パソコンに接続しているデバイス情報の取得や操作を行うライブラリです。
USB で接続しているデバイスや、ドライブとして認識しているデバイスの情報の取得や操作ができます。
DDK や WDK のインストールは不要です。
Visual C++、C#、VisualBasic6.0/NET、Delphi、C++Builder のサンプルコード付きです。

●取得できる情報

  • 名称
  • 説明
  • 製造者名
  • デバイスID
  • 親のデバイスID
  • ハードウェアID
  • クラス名
  • サービス名
  • ストレージデバイスの場合対応するドライブ文字のリスト
  • イメージリストインデックス番号
  • デバイスハンドル
  • 取り外しの可否
  • システムアイコンのイメージリストのハンドル
  • インターフェース

●機能

  • デバイスの情報取得
  • デバイスの取り外し
  • デバイス接続状態の取得

●対応 OS

 Windows2000/XP/Vista/7/8/8.1/10(32bit版)
 WindowsXP/Vista/7/8/8.1/10(64bit版)

●権利等

 著作権は有限会社軟式が保持しています。
 個人的な使用や、学校等での教育目的の使用についてはフリーです。
 またフリーソフトへの添付も可能です。
 商用での使用はsupport@nanshiki.co.jpまでご連絡ください。
 使用料は \3,000 + 消費税(システム/プロジェクト毎の料金) です。

●ダウンロード

 nUsbDevice.DLL Version 1.0.0.5
 ヘルプファイルの中身が正常に表示されない場合、nUsbDevice.chm/nUsbDeviceNet.chm を右クリックしてプロパティを選択し、ブロックの解除(K)ボタンをクリックしてください。

●変更履歴

 Version 1.0.0.5 (2015/3/6)
  • Windows 8.x で UAS デバイスとして認識される外付け HDD ケース等を USB 接続してもドライブとして認識できなかったのを修正しました。
  • Windows 8.x で USB メモリ等が認識できない場合があったのを修正しました。

●特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記